D-STORE ONLINE

D-AIR® 必要な時のプロテクション

D-AIR®とは何か?

インテリジェント・プロテクション・システムが、ライダーの動きを正確に把握し、危険を察知した際にエアバッグを作動させ、ライダーを守ります。極めて高度なアルゴリズムが複数のセンサーを使って、エアバッグを作動させるか正確に判断します。D-air® Racingはサーキット走行専用モデルのため、一般公道ではお使いいただけません。

D-air®は、TÜV SÜD認証を受けた、ただ一つのシステムです。

D-air®は、有名なTÜV SÜD社による、下記を含む800以上のテストをパスした、最初のエアバッグシステムです。
それはつまり、D-air®に関する全てのデータ・性能は、単なる仮説や推測ではなく、厳格に計測・証明されたものであることを意味します。

STRICT AND EXCLUSIVE CERTIFICATION

  • プロテクター認証
    D-air®は、全ての関連する欧州モーターサイクル用保護ウェアのテストをパスしています。
    • PPE directive 89/686/EEC
    • EN 1621.1 local protectors
    • EN 1621.2 back protectors
    • EN1621.4 airbag protectors
  • トリガー・アルゴリズム
    想定可能なアクシデント・ケースを全て認識するアルゴリズムの性能をテストし、かつ必要な時にのみ起動(トリガー)することの信用性が認められています。
  • 電子デバイス関連のテスト
    D-air®のハードウェアは、過酷な状況下における信頼性を確立するため、以下のテストを行っています。
    • D-air®は他の電子デバイス(自動車関連の基準を満たしたもの)の電波を妨害することはありません。
    • D-air®は他の電子デバイス(自動車関連の基準を満たしたもの)による妨害を受けることはありません。
    • 電気の絶縁に関するテスト:D-air®を構成する電子システムが、放漏電などによりライダーに影響をあたえることはありません。
    • 振動テスト:想定されうる走行時間および振動が、D-air®に影響を与えることはありません。
    • 落下テスト:想定されうる落下衝撃が、D-air®に影響を与えることはありません。
  • エアバッグ、およびガスジェネレーターに関するテスト
    • 劣化テスト:エアバッグ本体およびガスジェネレーターは、高温→低温、またはその逆の、急速な温度変化を何百時間もかけるテストをパスしています。
    • ソルトスプレー・テスト:エアバッグ本体およびガスジェネレーターは、人体の発汗を想定し、塩分による影響をチェックするテストをパスしています。
    • ダスト・テスト:エアバッグ本体およびガスジェネレーターは、ホコリや微細な砂を含む強い風にさらされる影響をチェックするテストをパスしています。
    • 振動テスト:エアバッグ本体およびガスジェネレーターは、想定されうる走行時間および強い振動が与える影響をチェックするテストをパスしています。
    • 落下テスト:エアバッグ本体およびガスジェネレーターが、落下時において従来のモーターサイクル用レザーに影響を与えることはなく、同じ革強度を保つことができます。
  • ケミカルテスト
    D-air®には、現在の安全基準に照らし合わせ、健康を害する素材は一切使用されていないことが認められています。
  • バッテリーテスト
    使用されているバッテリーは、現在の国際安全基準に準拠しています。
  • ライダーへの影響に関するテスト
    • センサー装着のダミー人形を使った、静的実験:頭が大きく傾いた状態で起動しても、ライダーおよびパッセンジャー(タンデムしている人)に対して、怪我や失神などの影響を与えるほどの衝撃はありません。
    • 動的実験:一連のライディングの動作の最中、システムをリモート操作で不意に起動させても、パッセンジャーがいる・いないにかかわらず、バイクのコントロールに対する影響は軽微です。
    • 音量の安全性に関するテスト:耳栓などの保護具を使わなくても、起動の際にエアバッグが膨らむ音がライダーの耳を傷つけることはありません。

A NUMBER-ONE TEAM

D-air®は、各分野のリーダーである、以下のパートナー達との協力により開発されています。